日本伝の古式整体。気を診ること、経絡の調整を重視した本式の古流整体術です。

FrontPage

気の流れを整える整体術
          強引な力を使わない精微な整体

a:22770 t:1 y:4

和伝の古式整体はゆらゆらと揺すりながら筋肉の緊張をとり骨格を整える、完全無痛の緩やかな整体技法です。その歴史は日本の柔術とともに発展してきた古式の整体技法を基礎としています。

画像の説明 はじめまして、代表の岡田隆広です。
一般の整体では背骨(骨格)の歪みをとって真っ直ぐにすれば、あらゆる症状が改善されると教えています。

本当にそうなのか?
最初の疑問はそんな感じでわきおこりました・・・
自分の技が未熟なだけだろうと、必死で技をみがきました。
画像の説明
しかし・・・骨格を矯正しても治らない、
悪化する場合もある、
歪んでいても平気な人もいる、
そもそも歪みって異常なことなのか?

次から次と疑問がわきおこります。なにかが足りない・・・

その足りなかったものとは・・・

気を整える技法とその診断技術だったのです。学んでいくうちに、表面に見える歪み、見た目の形にこだわっていたがために見えなかったものがあることに気づいたのです。一般の整体技法は外形つまり筋肉、骨格を整える技術です。気を整える技術はその対極にある技術であり、内形調整技法があったのです。
知ってしまったからには、後戻りはできません。深遠かつ精密な整体技法修得の道へ1歩を踏み入れてしまいました。私自身もまだその1歩を踏み出したばかりです。

「奥伝の技に出会うもの稀なり。深遠なる道を求めて」

一般の整体学校では学び得ない内形調整技法の修得にはある程度の努力は必要ですが、当会のカリキュラムに従って学習していただければ、誰でも私程度のレベルには到達できます。
まじめに学ぼうとする方なら大歓迎です。

そして、あなたはあなた自身の奥義を見つけてください。
それが我々の提案する完全オーダーメイドの整体術です。
必ず修得できます。そして完全オリジナルのあなたの技は誰にも真似できませんから、どんな状況(どんな不況)でも活躍できます!ここで新しいあなたを見つけて下さい!
一緒にがんばりましょう!

平凡な治療家と達人治療家の決定的な差

治療はシステム化、パターン化した時点で死んでいる治療(機械的な)となってしまいます。
優れた施術家の弟子にはなぜか優秀ではあるが、施術の技量は受け継ぐ事ができなかったという事例が多々あります。
なぜか?
優秀すぎるがゆえに師の施術方法を分析し、分類しさらに診断・治療の方式をシステム化してしまうからです。
システム化された治療法。それは初学者にとっては非常に理解しやすいものです。
指標があり、修得の段階がわかるからです。

が、しかし・・・
その反面、システム化された治療は治療自体を盲目的にしてしまいます。
人体は生きていると言うのに、自然というものは非常に自由度の高いもののはずなのに、その治療体系のシステム・パターンからはずれたものは治療できない、またそれを疑問視する事もできない。
そんな治療家ができあがります。
いまのあなたは、どちらの治療家ですか?

気診整体の挑戦!

当スクールでは一律的な指導はいたしません。
最初に学ぶ整体技術は同じですが自分のものとして消化するうちに、あなた独自の技へと成熟していきます。
当スクールはそこを目指して指導させていただきます。
あなたにしかできない整体技法の完成、この世に2人と存在しない整体技術マスターへなっていただくこと、それが大阪整体スクールの挑戦です!

達人への道を歩みたい方はこちら(基幹整体技法受講案内)
こちらをクリック⇒コース説明

気診整体が目指すもの

当会のめざす内形を整える治療技術  
医学・医療というものは2つに大別されます。ミクロの医学とマクロの医学。

ミクロ医学の最先端は現代の西洋医学。当会がめざすのは身体全体のバランスや、身体と自然とのかかわりを重視した医学。

この目に見えない「つながり」というものは数値化しにくく、長年の経験と勘に頼る他ありませんでした。ですが、このつながり(鍼灸医学では経絡ともいう、他治療体系によってさまざまな呼称がある)というものを過去の名人、達人たちは意識する、しないにかかわらず、調整する技術を修得していました。この技術の有る無しが平凡な治療家と達人といわれる治療家の差だということです。

当会では、この内形調整の技術の修得を目指して新しい訓練法や診断法、施術技法の研究開発を行っております。

真の実力を修得したい!!!

当校は技術で勝負しております。物品(サプリメント等)の販売や上級コースへの強引な勧誘、巧みなセールストークとは無縁です。ここは努力の出来る人、勇気と素直さを持った人、心の温かさを知る人が集まる場です。
当スクールの受講費用はけっして安くはありません(それでも他校の十分の1くらいですが・・・)。それは、いい加減な指導をしたくないためです。ですから、ある程度の料金をいただく事にしました。その代わり、どうぞ我々から思う存分学んで下さい。我々もあなたの熱い想いに精一杯答えたいと想います!

通信講座制-見取稽古ということ-

ただ動画をみるだけでも上達するのか?
結論から言えば、「できます」そしてそれは、観るあなた次第です。

私が師匠について学んだときはその殆どが見取稽古でした。つまりただ見ていただけということです。詳しく教えていただくということはなかった。しかし、そこで師匠の動作一つ一つの意味を深く考えるわけです。

そして自分でやってみて、失敗と成功を繰り返し、なぜ失敗したのか、どうして今回は成功したのかをまた考えるわけです。
失敗と成功の両方から検討するわけですね(ここ重要です)。

失敗例は無視しがちになります。成功例はうまくいったので、あまり深く考えません。でもどちらも大切なんです。

どうしてもわからなければ、師匠に質問し(多少のヒントはもらえる)、また師匠の施術をじっくり見るわけです。ただ、ぼーっと眺めていてもダメです。目的をもって観るわけです。

なにが言いたいのかというと、実際にスクーリングに通っている方はややもすると説明過剰なために自分では考えず(わかったつもりの思考停止状態)、上達をかえって妨げている結果となっている場合もあるということです。

また通信講座の方は、ただ動画を観るだけなわけですが、目的意識をもって観ると結果は全く違うものになります。見取稽古という点では私がたどった道とさほど変わらないわけですから。

そして何度も観て考えて、検討・検証してください。違う視点から違う目的意識で観ると、同じ解説動画でも常に新しい発見があると思いますよ。
ただ質問はどんどんしてください。考えないとダメです。

ご注意

当スクールの技法は基本的に回復整体、無痛ゆらし整体などの技法的には同じものです。ただ技法の解釈が違います。

古伝口伝として隠されていた内経調整技法を組み入れて、新解釈のもとに技術体系を見直しています。

ですから、前記のスクールをご卒業の方で受講を希望される方は、まったく違く解釈のもと、学びなおすつもりでお申込みいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。   

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional